記事内に広告を含みます

【2024最新】岸田文雄の年収は?内訳や収入源は?税金についても

2024年、内閣総理大臣で活躍中の岸田文雄さん。

内閣総理大臣ということで、知らない人はいないほど活躍されていますよね!

そんな岸田文雄さんの年収は一体いくらでしょうか?

今回は、岸田文雄さんの2024年最新の年収はいくらなのか、内訳や収入源を徹底調査してみたいと思います!

【2024最新】岸田文雄の年収は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

岸田文雄さんの2024年最新の年収は2961万円ほどと推定します。

総理大臣という職業であることからも、さすがの年収ですよね!

岸田文雄さんの年収推移はどうなってるのでしょうか?

年収推移①銀行員時代

銀行員時代の年収は774万円と推定します。

1982年に(株)日本長期信用銀行に入社していた岸田文雄さん

銀行員の平均年収は、774万円になります。

早稲田大学卒業であることや、本店勤務で、外国為替業務をしていたことから

平均年収とほぼ同じ額、稼いでいたと想定しました。

年収推移②衆議院議員秘書時代

衆議院議員秘書の年収は530万円と推定します。

1987年から議員秘書として活躍されていました。

月収43万円ほどで、年収530万円が平均になります。

そのため、岸田文雄さんの議員秘書の年収は、平均と同じ額になると想定します。

岸田文雄の年収の内訳は?収入源は1つ!

岸田文雄さんの年収の内訳を調べてみました。

主に1つの収入源が考えられます!

内閣総理大臣としての仕事で、収入を得ていると考えられます。

月収として、201万円。地域手当で月収の20%の40万2000円。

ボーナスが6月と12月の2回になります。

月給が201万円×12か月=2412万円

地域手当が40万2000円×12か月=482万4000円

ボーナス2回が1129万円になります。

合計の年収が、4023万4000円になります。

ですが、財政改革の推進のため、月給とボーナスの30%が国庫に返納されます。

そのため、年収は2961万円になります。

岸田文雄が払っている税金額は?

2022年の収入が2961万円だとすると、一体いくらの税金を年間で納めているのでしょう?

「年収2961万 税金」というキーワードで検索し、上位表示されているいくつかのサイトから推定しました。

細かく見ていくといろいろな条件もありますが、

年収が1800万円を超えてくると税率は40%になります。

そこから単純に計算すると岸田文雄さんの場合は、

2961万円 x 40% = 1184万4000円

ということになります!

税率40%ということで、1000万以上が税金になることがすごいですよね!

税金額よりも手元に残る額が多いことにも、ビックリですし

夢がある仕事だなと感じますね。

岸田文雄の総資産は?

岸田文雄さんは30歳の頃から36年以上、政界で活動をしています。

36年間の総収入を合計すると、総資産は9440万円になっている可能性があります。

静岡や広島に所有する土地や建物があったりと、政界で長年活躍していることから

これだけの資産になると思われます。

岸田文雄のプロフィール

最後に、岸田文雄さんのプロフィールを紹介します!

名前:岸田文雄(きしだふみお)
生年月日:1957年7月29日
年齢:66歳
血液型:AB型
出身:東京都渋谷区
職業:内閣総理大臣
学歴:早稲田大学 法学部卒業
趣味:筋トレ

おしとやかな印象がある岸田文雄さんですが、筋トレが趣味ということで

意外だなと感じました。

これからのさらなる活躍が楽しみですね!

こちらもおすすめ

杉村太蔵の年収はこちら

前澤友作の年収はこちら

テキストのコピーはできません。