記事内に広告を含みます

【2024最新】はじめしゃちょーの年収は7億3千万円?収入源まとめ!税金額もすごい!

2024年、YouTuberで活躍中のはじめしゃちょーさん。

日本のユーチューバーで、知らない人はいないくらいの人気ですよね!

そんなはじめしゃちょーさんの年収は一体いくらでしょうか?

今回は、はじめしゃちょーさんの2024年最新の年収はいくらなのか、内訳や収入源を徹底調査してみたいと思います!

【2024最新】はじめしゃちょーの年収は7億3千万円?

はじめしゃちょーさんの2024年最新の年収は7億3000万円ほどと推定します。

YouTuberの活動だけでなく、テレビでの活動もされていることから

これだけの年収になったと思われます。さすが、夢のある仕事だなと感じます。

はじめしゃちょーさんの年収推移はどうなってるのでしょうか?

年収推移①2019年時代

2019年時代の年収は4億円と推定します。

YouTuberの広告収入が、3億1265万円

テレビ出演は、

「ウチのガヤがすみません!」

などの3番組に出演していました。

テレビ出演料は、1本20万円が基準になります。

20万円×3番組=60万円になります。

他CM出演もされていました。

「レゴジャパン」「メルカリ・メルペイ」

などの3つです。

CM出演料は、1本3000万円が基準になります。

3000万円×3本=9000万円になります。

はじめしゃちょーの年収の内訳は?収入源は3つ!

はじめしゃちょーさんの年収の内訳を調べてみました。

主に3つの収入源が考えられます!

それぞれ見ていきましょう。

①YouTube広告収入

まずはYouTube広告収入です。

はじめしゃちょーさんは、個人で2つのチャンネルを持っています。

はじめしゃちょー」と「はじめしゃちょー2」です。

「はじめしゃちょー」のチャンネル登録者は、1070万人

総再生回数は104億回再生です。

「はじめしゃちょー2」のチャンネル登録者は、289万人

総再生回数は11億8772万回再生です。

YouTuberの広告収入の単価は、1再生あたり0.05円~0.7円になります。

はじめしゃちょーさんは、1動画の再生回数が多い為、0.7円で計算します。

104億回再生×0.7円=72億8000万円

「はじめしゃちょー」は2012年開設なので、12で割ります。

72億8000万円÷12=6億666万円

もう一つのチャンネルは、11億8772万回×0.7円=8億3140万円

こちらも2012年に開設されているので、12で割ります。

8億3140万円÷12=6928万円

二つ合わせて、6億666万円+6928万円=6億7594万円です。

②テレビ出演

逃走中・発掘夢サウナなど、4番組に出演されていました。

テレビ出演の出演料は、1本20万円が基準になります。

20万円×4=80万円

テレビ出演の出演料は、80万円と推定します。

③CM出演

「タワーオブスカイ」というCMに出演されていました。

CM出演料は、1本3000万円が相場になります。

はじめしゃちょーさんは、1つのCMに出演されていたので、3000万円になります。

はじめしゃちょーが払っている税金額は?

2024年の収入が7億3000万円だとすると、一体いくらの税金を年間で納めているのでしょう?

「年収7億3000万円 税金」というキーワードで検索し、上位表示されているいくつかのサイトから推定しました。

細かく見ていくといろいろな条件もありますが、

年収が4000万円を超えてくると税率は45%になります。

そこから単純に計算するとはじめしゃちょーさんの場合は、

7億3000万円 x 45% = 3億2850万円

ということになります!

年収の額がとても大きいので、税金額もすごい額になりましたね。

税金額を引いても、年収が億越えにビックリですね!

はじめしゃちょーの総資産は?

はじめしゃちょーさんは19歳の頃から11年以上、YouTubeで活動をしています。

11年間の総収入を合計すると、総資産は10億円になっている可能性があります。

11年間で、チャンネル登録者や再生回数も増え、人気YouTuberになった、はじめしゃちょーさん

現在では、4億円の豪邸もお持ちとのことで、10億円ほどの総資産になると推定しました。

はじめしゃちょーのプロフィール

最後に、はじめしゃちょーさんのプロフィールを紹介します!

名前:はじめしゃちょー
生年月日:1993年2月14日
年齢:30歳
血液型:AB型
出身:富山県砺波市
職業:YouTuber
学歴:静岡大学
趣味:遊戯王カード

19歳からYouTuberを始めて、30歳まで続けていて、継続力がすごいなと思いました。

これからのさらなる活躍が楽しみですね!

こちらもおすすめ

DJ社長の年収はこちら

ヒカキンの年収はこちら

テキストのコピーはできません。