【2024最新】秋元康の年収は?内訳や収入源は?税金についても

2024年、作詞家・音楽プロデューサー・放送作家として活躍中の秋元康さん。

プロデュースしているAKB48や乃木坂46など、大人気ですよね!

そんな秋元康さんの年収は一体いくらでしょうか?

今回は、秋元康さんの2024年最新の年収はいくらなのか、内訳や収入源を徹底調査してみたいと思います!

【2024最新】秋元康の年収は?

秋元康さんの2024年最新の年収は25億円ほどと推定します。

プロデュースしているアイドルが、大活躍していることなどがあり

これだけの年収を稼げているのではないかな、と思います!

秋元康さんの年収推移はどうなってるのでしょうか?

年収推移①2011年時代

2011年時代の年収は50億円と推定します。

プロデュースしているAKB48が、とても人気のある時期で

楽曲をたくさん出していて、印税が10億超えていたのではないかと言われています。

他にも、AKB選抜総選挙やCM出演など、テレビ出演がとても多かったため

50億円ほどの年収になると想定します。

年収推移②2015年時代

2015年の年収は20億円と推定します。

2015年は、坂道シリーズと言われる【欅坂46】【けやき坂46】がデビューしました。

AKB48と同様に握手会などを開催して、CDの売り上げをあげていました。

他にも、アイドル冠番組があります。

そのため、年収20億円ほどになると想定します。

秋元康の年収の内訳は?収入源は3つ!

秋元康さんの年収の内訳を調べてみました。

主に3つの収入源が考えられます!

それぞれ見ていきましょう。

①プロデュース

まずはプロデュースです。

今までに【AKB48】【乃木坂46】【櫻坂46】【日向坂46】などをプロデュースしています。

アイドルの選抜や育成、楽曲制作、イベント企画などを仕事内容としています。

プロデューサーの平均年収は、506万円になります。

秋元康さんは、音楽プロデューサーとして、とても人気があり

沢山の人がその名前を知っています。

そのため、平均年収よりも、多く稼いでいると思われます。

10億円ほどは稼いでいると推測します。

②放送作家

秋元康さんは、現在・ライオンのミライ☆モンスター

・乃木坂工事中・そこ曲がったら、櫻坂?

・日向坂で会いましょう

などのテレビ番組を企画されています。

放送作家の平均年収は、300万円~500万円が平均になります。

ですが、視聴率がいい番組をつくることが実績になるため、大きく年収が変わります。

秋元康さんは、放送作家としても実績があり、有名な方なので

5億円ほど稼いでいると推定します。

③印税

印税は、作詞した楽曲のCDの売り上げや、テレビなどでの楽曲の使用

カラオケで歌われたときなどに、著作権を持つ秋元康さんに一部の金銭が支払われることです。

秋元康さんは、作詞家としても活躍されていて、現在で約4500ほど作詞にかかわっています。

プロデュースしてるアイドルの曲もすべて、作詞しているため

印税として10億円ほど支払われていると想定します。

秋元康が払っている税金額は?

2022年の収入が25億円だとすると、一体いくらの税金を年間で納めているのでしょう?

「年収25億 税金」というキーワードで検索し、上位表示されているいくつかのサイトから推定しました。

細かく見ていくといろいろな条件もありますが、

年収が4000万円を超えてくると税率は45%になります。

そこから単純に計算すると秋元康さんの場合は、

25億円 x 45% = 11億2500万円

ということになります!

年収が20億以上なので、税金額も大きい額になりますね。

これだけの税金を納めていて、すごいですね。

秋元康の総資産は?

秋元康さんは17歳の頃から48年以上、芸能界で活動をしています。

48年間の総収入を合計すると、総資産は100億円になっている可能性があります。

タワーマンションに住んでいたり、別荘があったりと

資産になるものを所持しているため、このくらいの総資産になると思われます。

秋元康のプロフィール

最後に、秋元康さんのプロフィールを紹介します!

名前:秋元康(あきもとやすし)
生年月日:1958年5月2日
年齢:65歳
血液型:O型
出身:東京都目黒区
職業:作詞家・音楽プロデューサー・放送作家
学歴:中央大学文学部
趣味:陶芸

陶芸が趣味ということに、意外さを感じました。

現在65歳ですが、アイドルプロデュースを続けていて、すごいですよね!

これからのさらなる活躍が楽しみですね!

テキストのコピーはできません。